太陽と月

マイペースで子育て中。こどもとの日々を気ままに綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

整理

わたわたに なっていた家の中
ようやく 落ち着いてきました

制作部屋を 元の収納部屋に戻すべく
荷物をあっちにずらして
あれはこっちにもってきて

傍らで なんだか娘も忙しそうです
一旦出して置いたものが
いつの間にかなくなったと思ったら
娘部屋(部屋の片隅)に移動していたりします

気持ちは一緒に
片付けをしているようです



実家から 母のお下がりの着物を運んで来て
あれこれ整理しながら
ふと手が止まりました

振袖…
丈が足りなくて 卒業式で着られなかった振袖…

今から がんばって和裁を身に着けたとしても
さすがに 着られない年になっているでしょう
ということで
無理やり アンティーク着物という位置づけにして
おはしょりなしででも
着てやろうと心に決めました

ずっと心残りだったのです
一度も袖を通せないというのは

子どももいますが 着ますよ私は

だれか結婚式しないかなー


DSC_0032_20110227034706.jpg

スポンサーサイト

PageTop

個展期間~娘の場合

搬入日 保育園
8~18時 初めての最大保育
それでもお迎えが間に合わず 義父母にお願いしました
娘は数日後
ぽつりと「どうしてお母さん来てくれなかったの」

急きょだったので仕方がないのですが
せめてお迎えが変わることを きちんと娘に話してあげられたらよかったと
思った母です


2日目 義父母宅
お迎えに行ったら20時
娘は晩御飯も食べ終えて
さらに私に 晩御飯のお弁当まで用意して
待っていてくれた義父母
感謝!

3日目 託児
別件で会議 ギャラリーは不在
弟が一日ギャラリー番してくれました
こちらも感謝!

4,5日目 会場
怒涛のように
いろんな場所を渡り歩いていたので
さすがに娘が落ち着かず
一緒にいることにしました

ギャラリーに一日いても
暇でかわいそうかなと思いましたが
来てくれた知人が代わる代わる遊んでくれて
娘も 「ありがとうございました~」と るんるんで 接客するなど
案外楽しんでいました
大好きな従姉にも 会えたしね

私もずーっと一日娘と一緒に過ごすのが
新鮮に嬉しかったのでした


搬出 義父母宅


個展期間中だけでも
こんな状態で
娘はあっちこっち
朝から晩まで
大忙しでした

車から降りるときに
「降りる前に いっぱいお母さんの匂い嗅いでおくの」
と言った娘

その言葉に
あー無理させてるなと
つくづく実感したのでした

だから2日間
会場でべったりだった二人は
お互い充電し合っていた訳です


制作に没頭する時間は 確かに最高に気持ちが良い
でも娘とべったり過ごす時間も それに勝るとも劣らないくらい かけがえのないもの


と 改めて気がつけたこと
個展での 母としての大きな成果です

抱っこだって いつまでさせてくれるか

制作に勢いづきたい気持ちもありますが
娘が傍にいる時間は スローダウンで…

DSC_0016-2.jpg

PageTop

初お泊り

すっかり前のことになりましたが

今回個展を開催するにあたって
制作時間をどう確保するかというのが
最大の関門でした

一時保育
義父母宅
そして
友人知人宅
を渡り歩いて
なんともハードな日々を過ごした娘…

そんな中
2日間遊びに来てもいいよ、
どうせ明日も来るなら、泊まっていけば?
とのオドロキ嬉しい言葉!

娘は今まで
義父母宅、実家では一人お泊りの経験がありますが
お友だち宅は初めて

「どうする?」
と聞いたら
「お泊りする」
というので
ありがたーく 甘えさせていただきました

いざとなれば近いので
夜中でも迎えに行けるしね


娘3才4か月
初めてのお泊りです

そのお宅には
小学生の姉妹がいて
以前から娘を妹のように可愛がってくれ
娘も二人が大好きなのです


とはいうものの
夜中気になりつつ
でも
ありがたく制作に没頭させて頂きました


翌日の午後に迎えに行くと
何度か「おかあさんがいいの」とつぶやいたけど
姉妹と大興奮で遊んで
お風呂に入って
夜は絵本3冊目で落ちたよ、と
余程疲れたのか 朝まで目覚める事もなかったとか


あああー

預かってくれたSさん
姉妹ちゃん
そして寂しいのをずっと我慢していた娘
どうもありがとう!!


帰ってきてしばらくは
ずーっと娘を抱っこしてました

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。