太陽と月

マイペースで子育て中。こどもとの日々を気ままに綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

夕方の実摘み

祖母宅に泊まり、
翌日実家へ。

雑談しながら
ふと庭を眺めたら
鈴なりで色づく赤い実が目に入りました。

摘んで行こう~。

DSC_0032-1.jpg

カリンズ

DSC_0037_20090719222249.jpg

グミ

DSC_0045_20090719222309.jpg

グズベリーはまだでした。

DSC_0033_20090719222329.jpg

娘もザルを持って「いっしょ」
(このラズベリーは残念!帰宅するまでにカビてしまいました。暑い車内厳禁…)

DSC_0044-1_20090719222347.jpg

綺麗なトンボを発見。
調べてみる限りモノサシトンボ?かと思われますが
どうでしょう?

草ぼうぼうの庭ですが
庭があるのはいいことです。


摘むのに飽きた娘は、私の母と散歩へ。

近所の女の子が自転車に乗っているのを見て
大そう羨ましかったらしく
しばらく後をつけていました。
その子もいつもは末っ子。
「お姉ちゃん」という響きが良かったようで
何度もサービスして走ってくれました。

スポンサーサイト

PageTop

優しさ②

以前
お風呂場でアヒルが湯に打たれているのを見て
可哀想がって
娘が泣いたという日記を書きました。

今日は運営委員会の託児にて。


3歳の男の子が
ふざけて遊んでいて
保育スタッフが
「痛い~!やめて~!」と
大袈裟に痛がっていたところ

脇で娘がいきなり泣き出したとのこと。
「いたいいたい~!」


保育スタッフが痛がっているのを見て
びっくりして?
可哀想で?
ショックで?
泣いたというのを聞き

すごいな~
感受性がこんなに育っているんだな~と感心しました。


確かに、
私がTVを見て泣いていたりすると
急に寄ってきて
心配そうにぎゅーっとよしよししてくれます。
そんなとき母はこの上もなく幸せな気分になるのよ。
どうもありがとう。


再放送でやっていた
倉元聰の「風のガーデン」
初めてみましたが、
泣けますね。
そして花がきれいです。

DSC_0025-1_20090710210707.jpg

PageTop

幼馴染宅

朝から夫実家へお邪魔して
庭のハスカップの実を摘ませてもらう
娘と私。

酸っぱくておいしい。

外大好き娘は
何度もじったんに散歩をせがみ
二人手をつなぐ姿は
微笑ましいものです。




午後は
何年振りかの…幼馴染宅へ。

夫実家のお庭から頂いたお花を供えて
娘と、私の母と
3人で手を合わせます。
いつも笑顔で迎えてくれたおばあちゃん。
もう一度会いたかった。

不精せずに遊びに来ればよかったね。
いつでも会えると思いがちだけど
会える時に会っておくことは
とても大切だと思った日。



その後
幼馴染の娘たち(4歳、1歳半)も合流し
3人でおやつの時間。

仲良く並んで椅子に座って。

人形遊びやら
ままごとやら
取りあったり
抱き合ったり

それはもうめんこい光景でした。
カメラを忘れて残念!

ひとつおもしろかったのは
持っているものを取られそうになった時
一応怒ったり泣いたり拒否してみるものの
何度か頑張ったら
あっさり渡すということ。

本人は必死なんですけど
小さな二人で「じゅんばん!」と一生懸命やり合っている姿は…
笑いを誘っていました。

DSC_0020_20090710205734.jpg

PageTop

エッコロ託児②


思ったら、
すぐに第二弾がやってきた
エッコロ託児。

というのも
今日の打ち合わせの託児申込
すっかり忘れていたからです。

ははは

託児を仕事にしている人なんだけど
今日は特別
エッコロで引き受けてくれた。

どうもありがとうございます。
本当に支えられて感謝。

PageTop

初エッコロ託児

ちょっと見ていてくれる人がいたら助かる!
という場面は日常茶飯事。

書類が全然進まない~

そんなヘルプの声を受けて
委員仲間が
エッコロ託児をしてくれることに。

「エッコロ」は月100円の掛け金で
お互いに助け合う共済。

託児をしてくれた人には
共済からケア金が支払われます。

託児、正規に申し込むと高くてなかなか手が出ない…
これなら互いの都合さえ合えば
気軽に預け合える。


預かるよ~
預かって~

気軽に言い合える関係って理想。
そこに対価がなくても
言い合える関係になる。

嬉しかった3時間。


DSC_0006_20090710203612.jpg

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。